AWS Configの初回セットアップ

構成レビュー機能は、バックグラウンドでAWS Config ルールを利用しています。
AWS Configとは、AWS のリソースインベントリ、設定履歴、設定変更通知を可能とするサービスで、AWS Config ルールはAWSのリソース設定を自動的にチェックする機能となりますとなります。構成レビュー機能を利用するためには以下の手順に従ってAWS Config の初回セットアップを完了させて下さい。

AWS Configの初回セットアップ手順

  1. AWS マネジメントコンソールへサインインし、Configへアクセスします。
    aws_config_initial_setup01.png

  2. 初回セットアップが完了していない場合、AWS Config のコンソール画面にアクセスすると以下のように表示されますので、今すぐ始めるをクリックします。
    aws_config_initial_setup02.png

  3. 構成レビュー機能ではIAMのようなグローバルリソースもレビュー対象に含めることができるので、記録するリソースタイプの設定でグローバルリソース(AWS IAMリソースなど)を含めるにチェックを入れます。
    aws_config_initial_setup03.png

  4. Amazon S3 バケットの設定では、すでに他のリージョンやログ用のバケットがある方はそちらを利用し、ない方は任意の名前を入力して新しいバケットを作成します。
    aws_config_initial_setup04.png

  5. 構成レビューを利用するうえで、Amazon SNS topics の設定では必須ではありませんので、設定せずにスキップします。
    aws_config_initial_setup06.png

  6. AWS Config ロールの設定では、すでに AWS Config で使用する IAM ロールがある方はそちらを利用し、ない方は任意の名前を入力して新しいロールを作成します
    aws_config_initial_setup07.png

  7. 次へをクリックします。
    aws_config_initial_setup08.png

  8. AWS Config ルールの設定は特に必要ないので、画面右下のスキップをクリックします。
    aws_config_initial_setup09.png

  9. 最後に設定内容をレビューして、確認をクリックします。
    aws_config_initial_setup10.png

  10. AWS Configのセットアップには数秒かかる場合がございます。

以上でAWS Configの初期セットアップは完了です。Cloud Automatorのコンソール画面よりポリシーセットの作成をして下さい。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください