Zapierを使ってジョブの実行完了時にDatadogと連携する(Webhook後処理)

概要

このドキュメントでは、Cloud AutomatorのWebhook後処理を利用して「ジョブの実行が完了した際に、Datadogのイベントとして記録する」する手順を解説します。

ZapierのDatadogインテグレーションは「メトリクスを送信する」アクションしか持っておらず、「イベントを送信する」アクションは持っていないため、ここではZapierのWebhookインテグレーションとDatadog APIを組み合わせて利用します。

本ドキュメントと同様の手順で、「Webhookによる情報の受け取り」に対応した他のSaaSとも連携することができます。

 

事前準備

本作業では事前に以下のものが必要となります。

  • Cloud Automatorのアカウント
  • Zapierのアカウント
  • DatadogのAPIキー

DatadogのAPIキーは、メニュー「Integrations」-「APIs」にアクセスして「API Keys」セクションで作成できます。

tips_1.png

 

設定例

設定はおおまかに以下の流れで行います。

  1. ZapierでZapの作成を開始
  2. Cloud AutomatorでWebhook後処理を作成
  3. ZapierでZapの作成を完了
  4. Cloud AutomatorでWebhook後処理をジョブに割り当て

 

  1. ZapierでZapの作成を開始

    トリガーとして「Webhooks by Zapier」-「Catch Hook」を選択します。

    tips_2.png

    「Edit Options」のステップは何もせずに「Continue」ボタンを押します。

    tips_3.png

    Zapierへの通知に使うWebhook URLが表示されるので、これをコピーし、ZapierのフォームはそのままにしてCloud Automator側でWebhook後処理の作成を開始します。

    tips_4.png

     

  2. Cloud AutomatorでWebhook後処理を作成

    Cloud Automatorで「後処理の追加」ページに移動し、以下のように「サービス」を「Webhook」、「Webhook URL」をZapierでコピーしたURLとして、後処理を作成します。

    tips_5.png

    作成が完了したら、作成した後処理の詳細ページを表示します。

    tips_6.png

    テストリクエストを送信」ボタンを押してZapierへの通知を行います。

    tips_7_2.png

    テストリクエストが成功したら、再びZapierのZap作成フォームに戻ります。

     

  3. ZapierでZapの作成を完了

    Zapierに戻って「OK, I did this」のボタンを押します。

    tips_8.png

    Zapierがテストリクエストの内容をチェックし、問題がなければ以下のように表示されますので「Continue」ボタンを押します。

    tips_9.png

    アクションとして「Webhooks by Zapier」-「POST」を選択します。

    tips_10.png

    Datadogに送信するWebhookリクエストの内容を設定するフォームが表示されます。

    tips_11.png

    項目 内容
    URL https://app.datadoghq.com/api/v1/events?api_key=APIキー
    Payload type JSON
    Data

    Datadog APIが受け付ける title、text、priority などのプロパティとその値

    Datadog API ReferenceのPOST AN EVENT を参考にします。
    値には、最初のステップの「Webhookトリガー」でCloud AutomatorからZapierに渡されたものが使用できます。

    その他の入力欄はそのままで「Continue」ボタンを押します。

    Datadogへのテストリクエスト確認が表示されるので、ページ下部の「Create & Continue」ボタンを押します。

    tips_14.png

    Datadogへのテストリクエストに成功すると、以下のように表示されます。

    tips_12.png

    この時点で、Datadogにアクセスしてテストリクエストによるイベントが記録されていることを確認できます。

    tips_13.png

    イベントの記録内容に問題がなければ、ZapierでZapに名前をつけて設定は完了です。

     

  4. Cloud AutomatorでWebhook後処理をジョブに割り当て

    Cloud Automatorの運用ジョブ作成時に、作成した後処理を割り当てます。

    Note:
    ポリシーセットに割り当てた場合は、通知内容が変わるため今回の手順ではうまくDatadogには伝わらないためご注意ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください