アクティビティとは

アクティビティとは、Cloud Automatorがお客様のAWSリソースを操作した単位です。
例えば、お客様の環境にEC2 インスタンスが3台あり、そのうち2台のステータスがstopped、1台のステータスがrunningであったとします。
この3台のEC2 インスタンスをタグで指定し、「EC2: インスタンスを起動」アクションのジョブが動作した場合、Cloud Automatorはstopped状態の2台を操作致しますので、アクティビティは「2」とカウントされます。
※ジョブは1つでも操作したEC2 インスタンス分アクティビティはカウント致します

activity01.png

ジョブ毎のアクティビティを確認する方法

各ジョブでどのようにアクティビティが計算されたか知るためにはログの詳細画面へアクセスし、アクティビティ履歴がcompletedとなったものをご確認下さい。

activity02.png

当月のアクティビティを確認する方法

当月内に記録されたアクティビティ数はCloud Automatorコンソール画面内の利用状況でご確認頂けます。

activity03.png

当月のアクティビティ実行回数が上限に達した場合

一ヶ月でご利用いただけるアクティビティの回数はプラン毎に異なります。プラン毎に設定されたアクティビティの上限はご利用料金のページをご確認下さい。
当月のアクティビティ実行回数が上限に達した場合、その後のジョブは動作しなくなります。アクティビティ実行回数が上限に達した場合にもジョブを動作させる場合、以下の手順で「アクティビティの上限に達しても運用ジョブを実行する」をONにして下さい。
※プラン毎に設定されたアクティビティ単価が別途かかります

  1. 画面右上のアカウントメニューからプラン変更をクリックします
    activity04.png
  2. アクティビティの上限に達しても運用ジョブを実行するをクリックします
    activity05.png
  3. 確認の画面でOKをクリックします
    activity06.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください