SQSトリガー

SQSトリガーとは

Amazon Simple Queue Service (SQS) とは、AWSが提供する完全マネージド型のメッセージキューイングサービスで、AWSマネジメントコンソール、AWS SDKなどを使用して簡単に利用することができます。

Amazon Simple Queue Service(メッセージキューサービス) | AWS https://aws.amazon.com/jp/sqs/

Cloud Automatorでは指定されたSQSキューにメッセージが存在する場合、それをキーとしてジョブを実行することができます。 SQSトリガーは他のサービスとの連携や、後処理 との組み合わせでジョブを連結して実行する場合に利用することができます。

SQSトリガーの使い方

AWS上での手順

SQSトリガーで利用するためのSQSキューをAWS マネジメントコンソールから作成します。

  1. AWS サービスの中からSQSを検索してSQSのサービス画面に移動します。

    01-sqs-trigger.png
  2. 「今すぐ始める」か「新しいキューの作成」ボタンをクリックします。

    02-sqs-trigger.png
    03-sqs-trigger.png
  3. 新しいキューを作成するために「キュー名」を入力します。

    04-sqs-trigger.png
  4. キューを作成するリージョンを確認します。リージョンを変更する場合にはマネジメントコンソールのメニューで変更します。

    05-sqs-trigger.png
  5. キューのタイプを選択します。Cloud AutomatorのSQSトリガーでは、メッセージの内容や順番は関係しないので「標準キュー」を選択します。

    06-sqs-trigger.png
  6. 「キューのクイック作成」ボタンをクリックすれば作成が完了します。「キューの設定」については必要に応じて設定してください。設定は作成後も変更可能です。

    07-sqs-trigger.png

Cloud Automator上での手順

作成したSQSキューを利用してSQSトリガーを設定します。

  1. 「ジョブの追加」メニューから、ジョブの追加画面を開きます。

    add_job_link.png
  2. 「SQSトリガー」を選択して、作成したSQSキューを選択します。
    ※SQSキューはキュー名を入力することで絞り込みができます(前方一致かつ大文字小文字が区別されます)

    sqs_settings.png
  3. 残りの設定については運用したいジョブに合わせて設定してください。

動作確認

作成したSQSトリガージョブの確認を行います。(※実際にジョブが実行されますのでご注意ください

  1. AWS マネジメントコンソールから作成したSQSキューを表示して選択します。

    10-sqs-trigger.png
  2. 「キューの操作」をクリックして「メッセージの送信」をクリックします。

    11-sqs-trigger.png
  3. メッセージの送信画面でメッセージ文字列を入力して「メッセージの送信」をクリックします。

    12-sqs-trigger.png
  4. メッセージの送信が完了したら、Cloud Automatorのジョブ一覧で該当するSQSトリガージョブのログボタンをクリックします。

    sqs_job_list_log.png
  5. 実行ログ一覧から該当の実行ログの詳細をクリックします。

    sqs_job_logs.png
  6. ログの詳細にて結果を確認します。「成功」となっていれば該当のジョブが実行されて成功していることが確認できます。「実行中」となっている場合はジョブの実行中なのでしばらく経ってから確認してください。

    sqs_job_result.png

これでSQSトリガーの動作が確認できました。実際の運用では他サービスからSQSキューにメッセージを送信して動作するなど工夫することで、ジョブの連携に利用することができます。具体的な利用例はCloud Automator Tips を確認してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください