組み込みのTS CAL(接続デバイス数) とは何ですか?

Windowsサーバー2012にリモートデスクトップ接続をする際にはRDライセンスが必要ですが、そのライセンスマネージャーの画面に「組み込みのTS CAL(接続デバイス数) 」という文字が表示されます。

Windows Server 2012 EC2

TS_CAL.png

ここのTS CALはターミナルサービスの略ですので、現在のRDS CALと同等になります。

組み込みのTS CAL = ディバイスRDS CAL

今までの経緯としてWindows Server 2000ではRDS CALが実質無料でした。しかし現在はSPLA RDP CALを利用することが必要になります。ライセンスマネージャーには上記の様に表示されてはいますが、実質使える訳ではありません。

WindowsサーバーのRDSライセンスが必要な場合はお問い合わせください。

参考資料

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください