Route 53 のプライベートホストゾーンへの対応について

Cloud Automator ではプライベートホストゾーンは、パブリックホストゾーンと同じようにジョブで操作することが可能となっております。

Route 53 のプライベートホストゾーンは、VPC 内のサーバー同士が通信する場合の名前解決など、様々なケースで利用されています。
ここに Cloud Automator を加えることで、監視サーバー、HTTP トリガー、Route 53 アクションを組み合わせて、障害時に一時的に通信を別サーバーに切り替えるといった運用も自動化する事が出来ます。
Route 53 のレコード更新アクションをジョブで利用する場合は以下のマニュアルをご参考にしてください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください