EC2: AMI をリージョン間でコピーアクションを使用したとき、コピー先のリージョンで世代管理が出来ますか?

はい、可能です。
Cloud Automator の「EC2: AMIをリージョン間でコピー」アクションで、コピー先の AMI を世代管理したい場合は以下の2つがポイントとなります。

  1. 「EC2: AMI を作成」アクションで、タグを追加するようにして AMI を作成する
    __________2018-10-26_12_57_33.png

  2. 「EC2: AMI をリージョン間でコピー」アクションで、(1) で追加されたタグを指定したイメージをコピー対象にする
    __________2018-10-26_13_00_29.png

「EC2: AMI をリージョン間コピー」アクションでは、コピー元リージョンに存在しなくなった AMI はコピー先リージョンで削除するような動作を致します。
そのため、「EC2: AMI を作成」アクションでタグの追加と世代管理がされていれば、「EC2: AMI をリージョン間でコピー」アクションを使用した時にコピー先リージョンでも古い世代の AMI が削除されて世代管理がされている状態となります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください