Zapierを使ってジョブの実行完了時にSlackと連携する(Webhook後処理)

概要

このドキュメントでは、Cloud AutomatorのWebhook後処理を利用して「ジョブの実行が完了した際に、Slack通知」する手順を解説します。ZapierのSlackインテグレーションとCloud AutomatorのWebhook後処理を組み合わせて実現します。

SlackCA__2.png

 

事前準備

本作業では事前に以下のものが必要となります。

  • Cloud Automatorのアカウント
  • Zapierのアカウント
  • Slackのアカウント

設定例

設定はおおまかに以下の流れで行います。

  1. ZapierでTRIGGERの作成
  2. Cloud AutomatorでWebhook後処理を作成
  3. ZapierでACTIONの作成
  4. Cloud AutomatorでWebhook後処理をジョブに割り当て

 

  1. ZapierでTRIGGERの作成

    トリガーとして「Webhooks by Zapier」-「Catch Hook」を選択します。

    SnapCrab_NoName_2019-6-6_10-27-41_No-00.png

    Zapierへの通知に使うWebhook URLが表示されるので、これをコピーし、ZapierのフォームはそのままにしてCloud Automator側でWebhook後処理の作成を開始します。
    このステップでWebhookのテストを行うことも可能ですが、今回は「Skip This Step」を押下します。

    SnapCrab_NoName_2019-6-6_10-37-15_No-00.png

  2. Cloud AutomatorでWebhook後処理を作成

    Cloud Automatorで「後処理の追加」ページに移動し、以下のように「サービス」を「Webhook」、「Webhook URL」をZapierでコピーしたURLとして、後処理を作成します。

    tips_1.png

  3. ZapierでACTIONの作成

    「Add a Step」を押下します。
    SnapCrab_NoName_2019-6-6_11-25-2_No-00.png
    「Choose an Action App」で「Slack」と入力し、表示されるSlackのアプリを選択します。
    SnapCrab_NoName_2019-6-6_11-25-35_No-00.png
    「Send Channel Message」を選択し、「Save + Continue」を押下します。
    SnapCrab_NoName_2019-6-6_11-25-47_No-00.png
    ログインしているSlackのアカウントが表示されますので、確認し、「Save + Continue」を押下します。
    SnapCrab_NoName_2019-6-6_11-26-9_No-00.png
    Slackに投稿する「Channel」と「Message Text」を記入します。
    ※チャンネル名とメッセージは適宜読み替えて頂ますようお願いします
    SnapCrab_NoName_2019-6-6_11-26-48_No-00.png
    「Send Test To Slack」を押下します。
    SnapCrab_NoName_2019-6-6_11-27-7_No-00.png
    Slackにメッセージが投稿されることを確認します。
    SnapCrab_NoName_2019-6-6_11-27-36_No-00.png
    Zapier画面に戻って、「Finish」を押下します。
    SnapCrab_NoName_2019-6-6_11-27-14_No-00.png
    「OFF」ボタンを押下し、「ON」に切り替えます。
    SnapCrab_NoName_2019-6-6_11-48-42_No-00.png

     

     

  4. Cloud AutomatorでWebhook後処理をジョブに割り当て

    Cloud Automatorの運用ジョブ作成時に、作成した後処理を割り当てます。

    ジョブが実行された後に、後処理の結果、Slackに通知されることを確認します。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。