ジョブワークフロー: 複数のジョブを連続実行する ( EC2インスタンスのスケールアップ )

概要

本項では「ジョブワークフロー」を利用して、起動中のEC2インスタンスのインスタンスタイプを変更する方法を記載します。

 

インスタンスタイプを変更するまでの流れ

EC2インスタンスのインスタンスタイプの変更は、AWSの仕様上、インスタンスが停止していないと実行できません。そのため、起動しているインスタンスのインスタンスタイプを変更する場合、以下のような流れの作業が必要です。

  1. EC2インスタンスの停止

  2. インスタンスタイプの変更

  3. EC2インスタンスの起動

Cloud Automatorでは、以下3つのアクションを実行するワークフロー専用ジョブを作成し、ジョブワークフローで連続実行させることで、EC2インスタンスのインスタンスタイプを変更することが可能です。

  1. EC2: インスタンスを停止
  2. EC2: インスタンスタイプを変更
  3. EC2: インスタンスを起動

 

設定例

STEP1: インスタンス停止ジョブを作成

  • まずEC2インスタンスを停止するジョブを作成します。

__________2021-06-16_17.png

No 設定項目 設定値
1 グループ 任意のグループを指定
2 ジョブの種類 ワークフロー専用ジョブを選択
3 トリガー ※利用したいトリガーを指定
4 アクション EC2:インスタンスを停止
5 AWSアカウント ※CloudAutomatorに登録しているAWSアカウントを指定
6 アクションパラメーターの指定方法

「ジョブ作成時にパラメーターを指定する」を選択

7 インスタンス 該当のインスタンスを指定(タグの指定でもOK)
8 リソースの終了ステータスをチェックする ※ここは必ずチェックしてください

設定のポイント

「EC2: インスタンスを停止」アクションのジョブでは「リソースの終了ステータスチェック」をオンにします。これは「 EC2: インスタンスタイプを変更」ジョブが、対象のインスタンスが停止状態でない場合に失敗してしまうためです。「リソースのステータスチェック」をオンにすることで、インスタンスが完全に停止してから次のジョブが実行されるようになります。


 

STEP2: インスタンスタイプ変更ジョブの登録

  • 次にインスタンスタイプを変更するジョブを作成します。

__________2021-06-16_17__1_.png

 

 

No 設定項目 設定値
1 グループ 任意のグループを指定
2 ジョブの種類 ワークフロー専用ジョブを選択
3 トリガー トリガーなし
4 アクション EC2:インスタンスタイプを変更
5 AWSアカウント ※CloudAutomatorに登録しているAWSアカウントを指定
6 インスタンス 該当のインスタンスを指定(タグの指定でもOK)
7 インスタンスタイプ ※変更したいタイプを指定

 

STEP3: インスタンス起動ジョブの作成

  • そしてEC2インスタンスを起動するジョブを作成します。

__________2021-06-16_17__2_.png

No 設定項目 設定値
1 グループ 任意のグループを指定
2 ジョブの種類 ワークフロー専用ジョブを選択
3 トリガー トリガーなし
4 アクション EC2:インスタンスを起動
5 AWSアカウント ※CloudAutomatorに登録しているAWSアカウントを指定
6 インスタンス 該当のインスタンスを指定(タグの指定でもOK)
7 リソースの終了ステータスをチェックする 必要に応じてチェック

 

STEP4: ジョブワークフローの作成

  • 最後に、ここまでに作成した3つのジョブを指定し、ジョブワークフローを作成します。

__________2021-06-16_18.png

以上、「ジョブワークフロー」を利用して、起動中のEC2インスタンスのインスタンスタイプを変更する方法をご紹介しました。Cloud Automatorのジョブはこのように組み合わせることで、より便利に活用いただけるものが多いので、ぜひお試しください。

 

関連

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください