リモートワーク証跡管理サービスの無償版の導入の流れについて教えてください。

担当エンジニアがアサインされますので、Zendeskにてやり取りをしつつ、導入を進めていきます。
導入の流れとしては次のようになります。


1. ご利用申込書の提出

無償版についても、ご利用申込書の提出が必要です。


2. お客様ご利用AWS環境へのVPCエンドポイントの作成

サーバーワークス環境に配置している管理サーバーへのアクセス用VPCエンドポイントです。
管理サーバーはマルチAZ構成を取っており、2つのAZに対してVPCエンドポイントを作成いただきます。


3. 操作ログデータの暗号化、及び、復号に利用する秘密鍵、公開鍵の作成REC Administratorというツールをお客様環境にインストールし、ツールに含まれるKey Generatorにて作成いただく必要があります。

秘密鍵、及び、秘密鍵のパスワードは操作ログ閲覧の際に必要となりますので、大切に保管してください。

4. 公開鍵のサーバーワークスへの提供

仕様上、公開鍵を管理サーバーに配置する必要がございます。
作成いただきました公開鍵をサーバーワークスへご提供ください。


5. Amazon WorkSpacesへのREC NEAO Agentのインストール、設定

対象のAmazon WorkSpacesにREC NEAO Agentをインストール、設定を実施します。
※カスタムイメージに含めておくことをお薦めします。


6. 動作確認

サーバーワークスから操作ログを提供いたしますので、REC Administratorに含まれるREC Playerにて操作ログを閲覧できるか、ご確認いただきます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください