リモートワーク証跡管理サービス有償版の導入の流れについて教えてください。

管理サーバー環境の構築を当社にご依頼いただくか、否かにより、対応部分が異なります。

当社にて管理サーバー環境の構築を請け負う場合は、全て対応することが可能ですが、 当社にて構築を請け負っていない場合は、無償で対応できる部分は項4, 5のみとなります。

※作業をさせていただく際は当社環境よりログインできること、かつ、管理者権限のログイン情報を提供いただく事が前提条件となります。

 

1. 申請書のご提出

ご利用申込書の提出 ご利用申込書を提出いただきます。

2.  ESS REC NEAO管理サーバー環境の設計

EC2インスタンス1台の構成から環境設定可能です。お客様の可用性要件により、マルチAZ配置やデータ格納場所を外部ストレージにする等、構成の検討を実施します。

3. ESS REC NEAO管理サーバー環境の構築

2. にて設計したESS REC NEAO管理サーバー環境を構築します。

4. ESS REC NEAOのインストール 下記ツールをインストールします。

  • REC Administrator

  • REC Auditor

  • REC NEAO Server

5. ライセンス認証

ESS REC NEAOのライセンス認証 ESS REC NEAOのライセンス認証についてはサービス仕様上、サーバーワークスにて実施する必要がございます。

6. Agentのインストール

Amazon WorkSpacesへのREC NEAO Agentのインストール、設定 対象のAmazon WorkSpacesにREC NEAO Agentをインストール、設定を実施します。 ※カスタムイメージに含めておくことをお薦めします。

7. 動作確認

REC Administratorに含まれるREC Playerにて操作ログを閲覧できるか、ご確認いただきます。 ※ルール(禁止操作)設定等は必要に応じ、お客様にて実施いただきます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください