無償版ESS REC構築手順

概要

リモートワーク証跡管理サービスを申し込みされたお客様のAWS環境にESS RECの構築手順をご案内いたします。

リモートワーク証跡管理サービス

※申込はリンクの下記にある「お問い合わせフォーム」からお願いします。

_2020-08-25_at_15.17.59.png

前提条件

サーバーワークスからの提供情報

  • インストーラー
  • ライセンスキー証書
  • VPCエンドポイントのサービス名

1. VPCエンドポイント 作成手順

VPCエンドポイント作成の注意点

  • サービス作成権限があるユーザーまたはロールで行う必要があります。

1.1. VPCエンドポイント用のセキュリティグループ作成

  • VPCサービス画面から左ペインにある[セキュリティグループ]-[セキュリティグループを作成]をクリックします。

mceclip0.png

  • 下記の設定値でセキュリティグループを作成する。

設定値

  • セキュリティグループ名 :任意(命名規則があれば従う)
  • 説明:vpce for REC Server
  • VPC:WorkSpacesがあるVPC
  • インバウンドルール:
    • タイプ:カスタム TCP
    • ポート範囲:5520
    • ソース:カスタム VPC CIDR(ネットワークアドレス)
    • 説明 - オプション:任意
  • アウトバウンドルール:
    • タイプ:すべてのトラフィック
    • ポート範囲:すべて
    • ソース:カスタム 0.0.0.0/0
    • 説明 - オプション:任意

blobid0.png

1.2. VPCエンドポイント作成

  • VPCサービス画面から左ペインにある[エンドポイント]-[エンドポイントの作成]をクリックします。

mceclip1.png

  • [サービスを名前で検索]にチェックを入れ、サーバーワークスから提供された[VPCエンドポイントサービス情報]を入力し、[サービス名]を入力し、[検証]をクリックします。

設定値

  • サービス名:VPCエンドポイントのサービス

blobid1.png

  • [VPC]および[サブネット]を選択します。

設定値

  • VPC:WorkSpacesのあるVPC
  • アベイラビリティゾーン:ap-northeast-1a, ap-northeast-1c
  • サブネットID:WorkSpacesのあるサブネット

mceclip0.png

  • 1.1で作成したセキュリティグループを選択し、[エンドポイントの作成]をクリックします。

mceclip3.png

  • VPCエンドポイントが作成完了したらVPCエンドポイントサービスへの接続を承認いたしますのでZendeskのチケットにてサーバーワークスにご連絡をお願いします。

1.3. 動作確認

  • サーバーワークスが1.2で作成したVPCエンドポイントを承認するとステータスが[使用可能]に変わります。

mceclip0.png 

2. REC Administrator インストール手順

REC Administrator インストールの注意点

  • REC Administratorのインストーラーはサーバーワークスから提供いたします。
  • 「コンピューターの管理者」権限があるユーザーで行う必要があります。
  • 監査者が使用できるコンピュータにインストールを実施してください。
  • REC Administratorのインストール前に動作要件をご確認し、要件に合致するコンピュータでインストールを実施してください。
    mceclip5.png

2.1. インストール

  • サーバーワークスから提供されたREC Administratorのインストーラーを配置します。

mceclip6.png

  • [setup.exe]を選択し、コンピューターの管理者権限のあるユーザーで実行してください。

mceclip7.png

  • [次へ]をクリックします。

mceclip8.png

  • [使用権許諾契約の条項に同意します]にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

mceclip9.png

  • [ユーザー情報]はデフォルトのまま、[このコンピュータを使用するすべてのユーザー]にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

mceclip10.png

  • [次へ]をクリックします。

mceclip11.png

  • [インストール]をクリックします。

mceclip12.png

  • [OK]をクリックします。

mceclip13.png

  • [はい、ライセンス認証を行います。]にチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

mceclip14.png

  • ライセンスキー証書に記載のある[ライセンス名]と[ライセンスコード]を入力し、[次へ]をクリックします。

mceclip15.png

  • [ウェブから登録する]or[電話で登録をする]のどちらかにチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

mceclip16.png

  • [ウェブから登録する]の場合
    • ライセンス認証ページをクリックし、[ライセンスコード]と[インストールID]を入力し[実行]をクリックします。
    • [ライセンス認証コード]の表示を確認し、ライセンス認証画面に戻ります。
    • [ライセンス認証コード]を入力し、[次へ]をクリックします。

_2020-08-25_at_15.59.12.png

  • [電話で登録をする]の場合
    • ライセンス認証窓口に電話し、ライセンス認証を行い、[ライセンス認証コード]を入力し、[次へ]をクリックします。
    • [完了]をクリックします。

_2020-08-25_at_16.00.15.png

  • [完了]をクリックします。

mceclip20.png

3. REC Generator 鍵生成手順

REC Generator 鍵生成の注意点

  • 「コンピューターの管理者」権限があるユーザーで行う必要があります。
  • REC Administratorをインストールしたコンピューターで実施してください。

3.1. 鍵生成

  • [REC KeyGenerator - 鍵生成]をクリックします。

mceclip21.png

  • [参照]をクリックします。

mceclip22.png

  • インストールフォルダを選択し、[ファイル名]に[会社名(アルファベット)-public]を入力し、[保存]をクリックします。(例:serverworks-public)
    インストールフォルダ:C:\Program Files (x86)\Encourage Technologies\ESS REC\Administrator

mceclip23.png

  • [参照]をクリックします。

mceclip24.png

  • インストールフォルダを選択し、[ファイル名]に[会社名(アルファベット)-private]を入力し、[保存]をクリックします。(例:serverworks-private)
    インストールフォルダ:C:\Program Files (x86)\Encourage Technologies\ESS REC\Administrator

mceclip25.png

  • [秘密鍵にパスワードを設定]に5文字以上16文字以下で任意のパスワードを入力し、[生成]をクリックします。

mceclip26.png

  • [OK]をクリックします。

mceclip27.png

  • [閉じる]をクリックします。

mceclip28.png

  • 公開鍵(会社名(アルファベット)-public.key)はサーバーワークスに共有をお願いします。
    公開鍵:C:\Program Files (x86)\Encourage Technologies\ESS REC\Administrator\公開鍵(会社名(アルファベット)-public.key)

4. REC NEAO Agent インストール手順

REC NEAO Agentインストールの注意点

  • REC NEAO Agentのインストーラーおよび設定ファイル(REC.ini)および(execwl.properties)はサーバーワークスから提供いたします。
  • 「コンピューターの管理者」権限があるユーザーで行う必要があります。
  • 監査対象のWorkSpacesにインストールを実施してください。
  • REC NEAO Agentのインストーラーはアンインストール時に必要なため、任意の場所に保管してください。

4.1. インストール

  • サーバーワークスから提供されたREC NEAO Agentのインストーラーを配置します。

mceclip29.png

  • [setup.exe]を選択し、コンピューターの管理者権限のあるユーザーで実行してください。

mceclip30.png

  • [はい]をクリックします。

mceclip31.png

  • [次へ]をクリックします。

mceclip32.png

  • [使用権許諾契約の条項に同意します]のチェックを入れ、[次へ]をクリックします。

mceclip33.png

  • [ESS REC NEAO Agent VDI Edition]を選択し、[次へ]をクリックします。

mceclip34.png

  • [ユーザー情報]はデフォルトのまま、[次へ]をクリックします。

mceclip35.png

  • [次へ]をクリックします。

mceclip36.png

  • [インストール]をクリックします。

mceclip37.png

  • [完了]をクリックします。

mceclip38.png

4.2. 公開鍵の配置

  • インストールフォルダに3.2で作成した公開鍵(会社名(アルファベット)-public.key)をインストールフォルダに配置します。
    インストールフォルダ:C:\Program Files (x86)\Encourage Technologies\ESS REC\Agent

mceclip39.png

4.3. 設定ファイルの編集

  • サーバーワークスから提供された設定ファイル(REC.ini)を開きます。

mceclip40.png 

  • ”Key.PublicKey.Path”に4.3で配置した公開鍵(会社名(アルファベット)-public.key)を設定します。
    Key.PublicKey.Path=C:\Program Files (x86)\Encourage Technologies\ESS REC\Agent\会社名(アルファベット)-public.key
    ※手順にある項目以外のパラメーターを変更しないでください。

mceclip41.png

  • 下記の設定値で“Server.Primary.Address”に作成したVPCエンドポイントのDNS名を設定します。 

設定値

  • Server.Primary.Address:1.2で作成したVPCエンドポイントのDNS名

mceclip0.png

mceclip1.png

  • [ファイル]をクリックし、[上書き保存]をクリックしてファイルを閉じます。

mceclip57.png

  • 編集した設定ファイル(REC.ini)をコピーします。

mceclip58.png

  • インストールフォルダにペーストし、ファイルを置き換えます。 
    インストールフォルダ:C:\Program Files (x86)\Encourage Technologies\ESS REC\Agent

mceclip59.png

  • サーバーワークスから提供された設定ファイル(execwl.properties)をコピーします。

mceclip60.png

  • サーバーワークスから提供された設定ファイル(execwl.properties)をインストールフォルダにペーストします。

mceclip61.png

4.4. 再起動の実施

  •  WorkSpacesを再起動します。

mceclip56.png

4.5. 動作確認

  • 管理者権限でコマンドプロンプト(cmd.exe)を起動し、以下のように入力します。

    “sc query ETRECASVC”
  • 上記コマンドの実行結果に表示される「STATE」の値が、「RUNNING」であることを確認します。

mceclip54.png

  • 管理者権限でタスクマネージャー(taskmgr.exe)を起動し、詳細タブで以下のプロセスが起動していることを確認します。
    ServiceCenter.exe
    RecordingAgent.exe
    recsrvce.exe
    etrasvc.exe

mceclip55.png

4.6. サインアウトの実施

  • サインインしている記録データは送付できないため、一度サインアウトをお願いします。
  • 記録データはサーバーワークスから提供いたしますのでZendeskのチケットにてお問い合わせください。

mceclip53.png

5. REC Player 操作手順

REC Playerで正常に記録データが保存、再生できることを確認します。

再生手順

REC Player 操作の注意点

  • 「コンピューターの管理者」権限があるユーザーで行う必要があります。
  • REC AdministratorをインストールしたPCで実施してください。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください