OneLoginにSNSアカウントを利用してユーザーにログインさせたいです

OneLoginでは、"Social Sign-in"機能を利用することで、以下の4つのSNSアカウントを利用してユーザーにOneLoginへログインさせる事ができます。
※Social Sign-in機能を利用してログインする場合は、は多要素認証と並行利用できません。

  • Google
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter

ポリシーの設定

"Social Sign-in"機能を有効化するには、ユーザーポリシーを作成して、そのポリシーを割り当てることで機能を利用することができます。
設定を行うには、以下の手順を実施します。

管理者アカウントでログインし、"Settings > Policies"を選択します。

2018-08-09_10h39_13.png

新規ポリシーを利用する場合は"NEW USER POLICY"を押し、既存のポリシーに"Social Sign-in"を設定する場合は、下部に表示されている既存のポリシーを選択します。

2018-08-09_10h42_15.png

新規でポリシーを作成した場合は、上部にポリシー名を記載します。
"Social Sign-in"の項目にある"Enable"にチェックを入れたあと、該当するユーザーに許可するSNSサービスにチェックを入れて、"SAVE"を押します。
※作成したポリシーは別途ユーザーに割り当てる必要があります。

2018-08-09_10h49_05.png

ユーザー側の設定

新規ユーザー

招待メールのURLを開いたあとに、以下のようなパスワード設定画面が表示されますが、その際に、下部に表示されている"SNS"のアイコンをクリックすることで、"Social Sign-in"設定を行うことができます。

2018-08-09_11h59_58.png

既存ユーザー

OneLoginへログイン後、右上のユーザー名にマウスオーバーし"プロフィール"を押します。

2018-08-09_11h29_36.png

"Social Providers"の項目に表示されている該当サービスの"Connect"を押して、アカウントを紐づけして完了です。

2018-08-09_11h21_09.png

ログイン

Social Sign-in機能が有効になった場合、以下のようにログインフォームの下にSNSのアイコンが表示されます。
ユーザーは該当するサービスのアイコンをクリックすることで、該当サービスの認証情報を利用してOneLoginを利用することができます。

2018-08-09_10h19_30.png

その他

ユーザーがどのSNSアカウントを利用してログインを行っているかを確認するには"Users > All Users > 該当ユーザー"を選択しUser Info を開くことで、利用しているSNSの種類を確認する事ができます。

2018-08-09_11h05_30.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください