OneLoginのセキュリティポリシー(パスワードポリシー)の設定について

OneLoginのPolicy設定で、ユーザーが設定できるパスワードに条件を指定させることができます。

設定例

下記画像のように設定すると、以下のような条件で設定がされます。
※以下の条件の場合は、多要素認証をセットで利用することを強く推奨致します。

  • パスワードの変更期限なし
  • パスワードの変更履歴なし
  • パスワードの最小文字列が8文字
  • パスワードの組み合わせは”大文字、小文字、数字を含む”

2021-10-06_12h53_15.png

設定項目

Age and History

項目 内容
Maximum Password Age 設定した日にちが経過したタイミングでパスワード変更が求められます。
Enforce Password History 設定した回数分パスワードの履歴が残り、パスワード再設定時に履歴のパスワード文字列は利用できなくなります。
Minimum password length 設定した数値がユーザーが設定するパスワードの最小文字列となります。

Password Complexity

パスワードの複雑性を以下の項目の中から設定できます。

  • No restriction
    • 制限なし
  • Must mix letters and digits
    • 文字と数字の組み合わせ
  • Must mix upper and lowercase letters and digits
    • 大文字、小文字、数字の組み合わせ
  • Must mix upper and lowercase letters, digitsand special characters
    • 大文字、小文字、数字、記号の組み合わせ
  • Must contain mix of at least three of following: Uppercase, Lowercase, Number and Special characters
    • 次の中から3つの要素が含まれた組み合わせ:大文字、小文字、数字、記号
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。