RADIUS CAルート証明書の有効期限のおしらせ

2020年5月30日に、AddTrust External CA Rootという名前の一般的に使用される Sectigo(Comodo)ルート証明書が期限切れになります。
この証明書は2000年5月30日から有効で、OneLogin CAバンドルのダウンロードに含まれています。
このルート証明書の後継は、Comodo RSA Certification Authorityと呼ばれ、2038年に有効期限が切れます。

この記事に記載されている内容は、OneLoginのRADIUS証明書を利用している場合に必要です。
RADIUS証明書は、RADIUSを利用したアクセスポイントの認証などを設定している場合に利用しています。

CAルート証明書の確認

Windows 10やmacOSなどの一部のオペレーティングシステムでは、OSアップデートに、最新版のComodo RSA証明のアップデートが含まれている場合があります。その場合には、対応不要です。Comodo RSA認証局がインストールされているかどうかを確認するには、Windows証明書マネージャまたはmacOSキーストアを確認してください。
最新版が存在する場合、それ以上のアクションは必要ありません。
存在しない場合は、更新されたバンドル証明書をダウンロードしてインストールする必要があります。

新しいバンドル証明書のインストール

以下から更新された、バンドルRSA認証局ルート証明書をダウンロードして利用することができます。
この証明書は、2038年5月まで有効です。

https://onelogin-downloads.s3.amazonaws.com/certificates/star.us.onelogin.com.ca-bundle

この記事の詳細につきましては、こちらからご確認いただけます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください