EBSバックアップチェックとは

概要

本機能はお客様のAWS環境にあるEBSボリュームのバックアップ(スナップショット)が取得されているか、定期的ににチェックし、チェック結果をお客様に通知する機能です。

本機能により、EBSのバックアップの取得を失念していた際の”気づき”を提供いたいます。これにより、定期的なバックアップの取得を確実に実施いただくにつながり、データ消失のリスクの低減が可能です。
定期的なバックアップの取得はCloud Automatorの運用ジョブをご利用いただくことで、簡単に実施が可能です。

具体的には、以下の機能を提供いたします。

  • (毎日1回)Cloud Automatorに登録頂いているAWSアカウントに存在するEBSのバックアップ(スナップショット)状況をチェックします。チェック結果はCloud AutomatorのWeb画面で確認可能です
  • (毎週1回)バックアップが一定期間取得されていないEBSがあった場合にメールで通知いたします

ScreenClip__1_.png


利用方法

チェック結果をコンソール画面から確認する

  1. EBSバックアップチェック結果ページへアクセスします
    __________2020-01-14_13_27_41.png
  2. 確認するAWSアカウントを選択します__________2020-01-14_16_58_42.png                                                                              
  3. チェック結果のうち、バックアップが推奨されるボリュームの一覧が表示されます
    __________2020-01-14_13.44.31.png
    最後にスナップショットが作成されてから7日間以上経過したEBS ボリュームがバックアップ推奨ボリュームとして表示されます。
  4. 上部のタブから、バックアップが取られているボリュームと、チェックに失敗したボリュームの一覧画面にも移動できます
    __________2020-01-14_13_44_31.png

 

チェック結果の通知をメールで受け取る

登録されているAWSアカウントに「バックアップ推奨ボリューム」がある場合は、定期的にメール通知でお知らせいたします。

メールは該当するAWSアカウントが属するグループのユーザーにのみ送信されます。

通知メールの内容例

__________2020-01-14_17.15.34.png

 

AWSアカウントへのチェックを行わないように設定する

EBSバックアップチェックはAWSアカウント作成時にはデフォルトで実行されるようになっています。AWSアカウントへのチェックを実行されないように設定するには、「グループ設定」から、以下の手順で設定を行います。

  1. 「EBSバックアップチェック」のセレクトボックスで「チェックしない」を選択する
  2. 画面下の更新ボタンをクリック

__________2020-01-14_17_21_22.png

 

グループ設定の詳細については、以下のマニュアルを参照ください。

 

メール通知を受け取らないように設定する

EBSバックアップチェックのメール通知はデフォルトで全てのユーザーに対して実施されます。メール通知がされないようにするには、以下の手順で設定を行います。

 

  1. コンソール画面右上から、「アカウント設定」画面に移動__________2020-01-14_17_43_56.png
  2. メール受信設定の「受信する」のチェックを外す
  3. 更新ボタンをクリック__________2020-01-14_17_36_47-2.png

また、組織のオーナー、グループの管理者の方は、「ユーザー管理」から、グループや組織に属するユーザーの受信設定を行うこともできます。 

アカウント設定、ユーザー管理については以下のマニュアルも合わせてご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください