WorkSpacesリスト機能

WorkSpacesリスト機能

WorkSpacesリスト機能はお客様のWorkSpaces一覧をCSVでリージョンごとにまとめてダウンロードすることが出来る機能です。

ご利用台数が多くなってくると、AWSマネージメントコンソール上でのページ遷移が増えたり、詳細情報を確認するための手間が多く必要になります。当機能を使って、WorkSpacesの詳細情報の一覧をCSV形式でダウンロードすることにより、お客様のWorkSpacesの管理や集計処理が手元で簡単に行えるようになります。

ご注意: 当機能は、BUSINESSプラン以上をご利用の場合に利用できます。(PROプランをご契約の場合には利用できません)

利用方法

当機能をご利用いただくには、以下の手順が必要です。

  1. グループメンバーに機能の利用権限を設定する
  2. WorkSpacesリスト作成画面でファイル作成を実行する
  3. ファイル作成完了の通知を受信する
  4. 画面上でダウンロードを行う

 

  1. グループメンバーへ利用可否の権限を設定

    権限の付与の詳細は グループ管理 をご覧ください。

    Screen_Shot_2018-12-17_at_11.13.32.png

  2. WorkSpacesリスト作成画面でファイル作成を実行

    WorkSpacesリストページへアクセスします。

    Screen_Shot_2018-12-13_at_15.30.04.png

    取得対象のグループとAWSアカウント、リージョンを選択し、WorkSpacesリストの作成をします。
    (※この処理には時間がかかる場合がございます)

    Screen_Shot_2018-12-13_at_15.30.24.png

  3. ファイル作成完了の通知を受信

    ファイル作成が完了すると、作成処理を行ったユーザ宛にメールが送られます。

    Screen_Shot_2018-12-17_at_11.07.41.png

  4. WorkSpacesリスト作成画面上からダウンロード

    Screen_Shot_2018-12-13_at_15.31.50.png

CSVの項目

WorkSpacesリスト機能で取得出来るCSVには以下の内容が掲載されています

項目 説明
workspace_id WorkSpaceのID
user_name WorkSpaceのユーザー
compute_type_name WorkSpaceバンドルのコンピューティングタイプ
bundle_name WorkSpaceで利用しているバンドルの名前
running_mode WorkSpaceの実行モード
root_volume_size_gib ルートボリュームのサイズ
user_volume_size_gib ユーザーボリュームのサイズ
state ステータス
directory_alias 組織名
last_known_user_connection_timestamp 前回アクティブだったユーザーの接続日時
tags WorkSpaceに設定されているタグ。 スペース区切りの key:value

 

 
 
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください