Slackとの連携

Slackと連携することで「Slack後処理」を利用することができるようになります。
Slack後処理の詳細についてはSlack後処理を参照してください。

連携を行う手順

  1. メニューの「組織情報」から「外部サービス連携」を選択し、「外部サービス連携」に表示されている「Slack」の「連携する」ボタンをクリックします。integration.png
  2. Cloud AutomatorがSlackワークスペースにアクセスすることを許可するかどうか確認するページが表示されます(Slackにログインしていない場合は、連携したいSlackワークスペースのアカウントでSlackにログインしてください)。
  3. 「許可」ボタンを押すとCloud Automatorの「外部サービス連携」ページに戻り、「 Slackと連携しました。」と表示され、「Slack」の表示が「連携中」となります。

以上でSlackとの連携は完了です。

連携を解除する手順

Cloud Automatorの組織とSlackワークスペースとの連携を解除したい場合は、以下の手順で操作を行います。

  1. メニューの「組織情報」から「外部サービス連携」を選択します。
  2. 「外部サービス連携」に表示されている「Slack」の「連携解除」ボタンをクリックします。
  3. 確認ダイアログで「OK」をクリックします。
  4. 「 連携を解除しました。」と表示されたら、Slackとの連携解除は完了です。

なお、連携を解除する前に以下の注意点を確認してください。

  • 連携を解除すると利用中のSlack後処理は正しく動作しなくなり、Slackへの通知は行われなくなります
  • 正しく動作しなくなったSlack後処理があると、ジョブの実行ログや構成レビューのポリシーログの「後処理の実行結果」に「Slackへの通知に失敗」と表示されるようになります
  • 連携を解除したあとに、再度同じSlackワークスペースと連携を行うと、Slack後処理は再び正しく動作するようになります
  • 連携を解除したあとに、異なるSlackワークスペースと連携を行うと、Slack後処理は「新しいSlackワークスペースには存在しないチャンネルに通知を行おう」とするため正しく動作しません。この場合は、各Slack後処理の設定で通知先チャンネルを再設定してください

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください