後処理とは

「運用ジョブの実行」または「ポリシーセットの評価」が完了した際に、その結果を通知する処理です。後処理は全てのグループ共通で使用できるようにするか(Eメールのみ対応)、指定したグループ内でのみで使用可能とするるかを選択できます。現在、通知方法は Eメール、SQS、Webhook に対応しています。

運用ジョブの実行やポリシーを評価した結果の成否によって、それぞれ複数の後処理を割り当てることができます。

ジョブ作成時と編集時、ポリシーセットの作成時と編集時に Cloud Automator で用意している以下の後処理の中からマッチしたものをご選択いただけます。

後処理名 説明
Eメール後処理 指定したアドレスにメールを送信します
SQS後処理 指定したSQSキューにメッセージを送ります
Webhook後処理 指定したURLにPOSTリクエストを送ります
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください