Slack後処理

概要

Slack後処理を利用すると、「ジョブの実行」や「ポリシーセットの評価」が完了した際に、その結果を任意のSlackチャンネルへ通知できます。

slack-post-process-diagram.png

Slack後処理を利用する際は、あらかじめCloud AutomatorとSlackワークスペースを連携させておく必要があります。お使いのCloud Automatorの組織がまだSlackと連携していない場合は、先にSlackとの連携の手順にしたがって連携設定を済ませてください。 

設定項目

設定項目 説明
後処理名 後処理につける名前を入力します。
グループ

後処理をどのグループに作成するかを選択します。Slack後処理では「グループ共通」を選ぶことはできません。

サービス

後処理で通知する手段の選択です。Slack後処理の場合は「Slack」を選択します。

表示言語 通知内容をどの言語で受け取りたいかを選択します。
タイムゾーン 通知内容に含まれる日時をどのタイムゾーンの表記で受け取りたいかを選択します。
通知先チャンネル

通知先とするSlackチャンネル名を入力します。先頭の # は不要です。

設定方法

  1. サイドメニューの「後処理設定」から「後処理の追加」を選択しますca-manual-slack-0.png
  2. 「基本情報」を入力しますca-manual-slack-1.png
  3. 「Slack通知設定」を入力して「追加」ボタンをクリックしますca-manual-slack-2.png

通知先チャンネルに入力されたチャンネルが存在しない、またはアクセスできない場合には「追加ボタン」を押したあとで以下のようにエラーメッセージが表示されます。Slackワークスペースに存在しているパブリックチャンネル名を入力するようにしてください。

ca-manual-slack-3.png

通知内容のサンプル

ジョブの実行結果が成功だった場合の通知内容は以下のようになり、ジョブ詳細ページおよびログ詳細ページへのリンクが含まれます。

slack-notification-1.png

ジョブの実行結果が失敗だった場合の通知内容は以下のようになり、ジョブ詳細ページおよびログ詳細ページへのリンクのほか、失敗となった理由が「メッセージ」として含まれます。

slack-notification-2.png

注意事項

  • 通知先チャンネルとして指定できるのはパブリックチャンネルのみです。プライベートチャンネルやDMなどを指定することはできません。
  • 一時的な通信障害やSlackとの連携状況に不備があるなどの理由でSlackへの通知が送信できなかった場合は、実行ログやポリシーログにエラーメッセージが記録されます。エラーメッセージは実行ログやポリシーログの詳細ページで確認できます。
  • 外部サービス連携にてSlackとの連携を解除すると、作成済みのSlack後処理は通知の送信に失敗するようになります。注意してください。
  • Slackとの連携を解除した後で、あらためてSlackとの連携を行うと、作成済みのSlack後処理は引き続き動作するようになります。
  • 外部サービス連携にて、連携するSlackワークスペースを変更した場合、作成済みのSlack後処理は「存在しないSlackチャンネル」に通知を行おうとして後処理の実行に失敗します。これは、Slackワークスペースが異なる場合は「通知先チャンネル」の名前が同じでも内部的なSlackチャンネルのIDは異なるためです。そのような状態になった場合には、各Slack後処理を編集して「新しいSlackワークスペースに存在するチャンネル」を設定しなおしてください。

関連情報

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください