EC2インスタンスへタグ付けをする

Cloud Automatorでは、ジョブで操作する対象をリソースIDまたはタグで指定することが可能です。リソースIDで指定した場合は操作対象を限定することが出来る一方で、タグをで指定した場合には複数のEC2 インスタンスをまとめて操作出来るメリットがあります。
このステップではバックアップ対象となるEC2 インスタンスにタグ付けをするまでをご紹介します。

EC2インスタンスにタグをつける

この設定例ではAWS アカウント内に起動している2台のEC2 インスタンス両方にタグキーがenvironment、タグ値がproductionというタグを付与します。

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、EC2へアクセスします
    quick_start_guide03_01.png
  2. タグメニューにアクセスし、タグの管理をクリックします
    quick_start_guide03_02.png
  3. 起動している2台のEC2 インスタンスを選択し、タグキー、タグ値を入力してタグの追加をクリックします
    quick_start_guide03_03.png
  4. EC2 インスタンスにタグが付与されていることを確認します
    quick_start_guide03_04.png

以上でEC2 インスタンスへのタグづけが完了しました、Cloud Automatorでジョブを作成してみましょう。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください