バックアップ運用を自動化するジョブの作成

前項までで、Cloud AutomatorでEC2 インスタンスのバックアップ運用を自動化する準備が整いました。このステップではCloud Automatorにジョブを登録する方法をご紹介します。

Cloud Automatorにジョブを作成する

ここでは、前項でタグを付与したEC2 インスタンスから毎日午前4時10分にバックアップのためにAmazon マシンイメージ(以下AMI)を取得します。
Cloud Automatorのジョブはトリガーアクションの2つを組み合わせてジョブを作成します。クイックスタートガイドでは、タイマートリガーEC2: AMIを作成アクションを使用します。

後処理の作成

Cloud Automatorではジョブが実行された後に後処理としてメールを送信する仕組みがあります。ジョブが失敗した場合にはメールで通知するために、後処理を設定します。

  1. コンソール画面左メニューの後処理設定から後処理の追加をクリックします
    quick_start_guide04_01.png
  2. 任意の後処理名、グループ、サービスを選択し、メールアドレスを指定して、後処理を追加をクリックします
    quick_start_guide04_02.png
  3. 後処理が追加されていることを確認します
    quick_start_guide04_03.png

ジョブを作成する

  1. コンソール画面左メニューの運用ジョブからジョブの追加をクリックします
    quick_start_guide04_04.png
  2. グループを選択します
    quick_start_guide04_05.png
  3. タイマートリガーを選択して次へすすみます
    quick_start_guide04_06.png
  4. 毎週を選択してすべての曜日にチェックを入れ、実行時間を4時10分として次へすすみます
    quick_start_guide04_07.png
  5. EC2: AMIを作成アクションを選択します
    quick_start_guide04_08.png
  6. 登録済みのAWSアカウントを選択します
    quick_start_guide04_0_.png
  7. 以下のようにパラメーターを設定します(各パラメーターの詳細はこちらをご覧下さい)
    項目 設定値
    リージョン us-west-1 米国西部 (北カリフォルニア)
    特定のタグが付いたインスタンス チェック
    AMI名 production-backup
    説明 %Y%m%d%H%M
    作成する世代数 5
    インスタンスの再起動 しない
    作成したイメージに追加するタグ key environment
    作成したイメージに追加するタグ value production
    スナップショットに同じタグを追加する チェック
    リソースの終了ステータスをチェックする チェック
    AMIステータスFailed時にイメージを再作成する  チェック
    quick_start_guide04_09.png
  8. 失敗時で登録した後処理を選択し、追加をクリックします
    quick_start_guide04_10.png
  9. 任意のジョブ名を入力して、作成します
    quick_start_guide04_11.png
  10. ジョブ一覧に作成したジョブが表示されていることを確認します
    quick_start_guide04_12.png

以上でCloud Automatorへのジョブ登録は完了です。タイマートリガーで設定した時間が過ぎた後にジョブ実行の動作確認をしてみましょう。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください