監視サーバーと連動してEC2の障害対応をする

概要

今回は HTTP トリガーと SQS トリガーの使い方の例をご紹介したいと思います。
AWS で環境を構築する上での設計方針の1つに Design For Failure (障害に備えた設計) というものがあるように、AWS を使っていても障害に備えなければなりません。
例えばお使いの EC2 インスタンスが稼働している物理サーバに障害が発生する場合もあるので、障害の影響を受けた EC2 インスタンスを監視サーバーと Cloud Automator を使って復旧させる方法をご紹介したいと思います。

構成例

今回ご紹介する全体構成は以下のようになります。
監視サーバーが EC2 インスタンスの監視に失敗すると、Cloud Automator に HTTP リクエストを送ってEC2インスタンスの停止をします。
Cloud Automator は EC2 インスタンスの停止が完了すると SQS にメッセージを送り、さらにそのメッセージをトリガーにして EC2 インスタンスの起動をします。

http://csd.awseventsjapan.com/?id=serverworks

Cloud Automator で作成するジョブ

Cloud Automator では以下のように HTTP トリガーと SQS トリガーの2つのジョブを作成します。

__________2018-08-02_18.13.34.pngポイントは「EC2: インスタンスを停止」ジョブの実行後の処理で SQS にメッセージを入れること、「EC2: インスタンスを起動」のジョブでは先ほどと同じ SQS をトリガーに指定することです。
こうする事で Cloud Automator でジョブを数珠つなぎにして実行させる事が出来ます。

EC2: インスタンスを停止ジョブ

__________2018-08-02_20_59_00.png

EC2: インスタンスを起動ジョブ

__________2018-08-02_21_01_48.png

Cloud Automator は AWS のリソースを操作するジョブの実行に特化したサービスとなります。
そのため、既存の監視サーバーや、ジョブ管理サーバとも親和性が高いと思います。 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

ログインしてコメントを残してください。