リソースの指定にタグを活用する

Cloud Automator では操作するリソースの指定にリソースのIDではなく、タグによる指定が可能なアクションがあります(例: 「EC2: インスタンスを起動」)。

タグを用いることで以下のメリットがありますので、ぜひタグの活用を検討ください。

  • 同じタグを複数のリソースに付与することで、1つのジョブで複数のリソースをまとめて操作可能です
  • 新たにAWSにリソースを追加した際、そのリソースにタグを付与すれば、既存のCloud Automatorのジョブの操作対象にできます
  • EC2インスタンスをTerminate等して作り直すとインスタンスIDが変更されます。したがって、インスタンスIDによるリソースの指定をしていると、ジョブの設定を編集しなければいけません。タグの指定にしておけば、作り直したインスタンスのインスタンス名(Nameタグ)が同じであれば、Cloud Automatorのジョブを編集することなく、ジョブの対象にできます

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください