アクティビティとは

アクティビティとは、Cloud Automator がお客様のAWSリソースを操作した単位です。 
たとえば、お客様の環境にEC2 インスタンスが3台あり、そのうち2台のステータスが stopped、1台のステータスが running であったとします。
この3台の EC2 インスタンスをタグで指定し、「EC2: インスタンスを起動」アクションのジョブが動作した場合、Cloud Automator は stopped 状態の2台を操作することになるため、アクティビティは「2」とカウントされます。
※ジョブは1つですがアクティビティは1とはなりません。実際に操作したEC2 インスタンスの数と同じ2回のアクティビティとしてカウントされます。

activity01.png

ジョブ毎のアクティビティを確認する方法

各ジョブでどのようにアクティビティが計算されたかを知るためには、ログの詳細画面へアクセスしてアクティビティ消費回数を確認してください。

atcivity02.png

当月のアクティビティを確認する方法

当月内に記録されたアクティビティ数は、ユーザー種類がオーナーのアカウントでサインインしてから、トップメニューの利用状況を表示することで確認できます。

activity03.png

当月のアクティビティ実行回数が上限に達した場合

1ヶ月間に利用できるアクティビティの回数はプラン毎に異なります。プラン毎に設定されたアクティビティの上限は、ご利用料金のページで確認することができます。

当月のアクティビティ実行回数が上限に達した場合、それ以降のジョブの実行は行われなくなります。アクティビティ実行回数が上限に達した後もジョブを実行させたい場合は、以下の手順で「アクティビティの上限に達しても運用ジョブを実行する」をONにしてください。

※アクティビティ単価が別途かかります(単価はプラン毎に異なります)

  1. サイドメニューその他のプラン変更をクリックします
    activity04.png
  2. アクティビティの上限に達しても運用ジョブを実行するをクリックします
    __________2018-06-13_16_48_03.png
  3. 確認の画面で OK をクリックします
    __________2018-06-13_16_49_20.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください