EC2: AMIを作成

概要

「EC2: AMIを作成」アクションでは、Amazon EC2 インスタンス(以下EC2 インスタンス) から、Amazon マシンイメージ(以下AMI) を作成することができます。

AMI は EC2 インスタンスのディスクイメージと起動に必要な情報が含まれており、お客様の EC2 インスタンスのバックアップとすることができます。 他のアクションと同様に、リソース IDまたは EC2 インスタンスに付与されているタグでAMIの作成元となる EC2 インスタンスを指定することができます。

設定時のオプション

No オプション 説明
1 リージョン

AMI を取得する対象の EC2 インスタンスが存在するリージョンを指定します

2 インスタンス
 
AMI を取得する対象の EC2 インスタンスをリソース ID で指定します
特定のタグがついたインスタンス AMI を取得する対象の EC2 インスタンスをタグで指定します
3 AMI名
  • AMI の名前を指定します
    • 指定した名前の末尾に作成元のEC2 インスタンスのリソース ID、ジョブ ID、世代番号が付与されます

参考:Cloud Automatorで取得されるAMIの命名規則等を教えてください

4 説明
  •  作成された AMI の「説明」に付与されるテキストを入力します
    • 説明には以下のキーワードを含めることができます
      • %Y
        • 四桁の西暦 (例:2017)
      • %m
        • 月(01〜12)
      • %d
        • 日(01〜31)
      • %H
        • 時(00〜23)
      • %M
        • 分(00〜59)
      • %S
        • 秒(00〜60)
      • %%
        • 「%」文字をエスケープする場合
      • %Y%m%d%H%M と指定した場合、201709231100のように置き換わります
      • 説明にキーワードを使用した場合、取得されたAMIの説明に保存される時間のタイムゾーンはUTCとなります。
5 作成する世代数
  •  作成した AMI を世代管理する場合の世代数を選択します
    • 例えば Cloud Automator によって作成された AMI が既に 5 個存在する状態で「作成する世代数」オプションが 5 だった場合に「EC2: AMIを作成」アクションがさらに実行された場合、一番古い AMI が削除されて新しい AMI が作成されます
      • 例: production-backup-i-XXXXXXXXXXX-1234-1
6 インスタンスの再起動
  •  AMI を取得するときに静止点を設けるために EC2 インスタンスを再起動するか選択します
    • データの不整合が許されず、再起動時のダウンタイムが許容出来る場合は再起動することをおすすめします
7 作成したイメージに追加するタグ
  •  作成したAMIに付与するタグのタグキーとタグ値を指定します
    • スナップショットに同じタグを追加する
      • AMIに紐づくEBSスナップショットに同じタグキーとタグ値を付与する場合に選択します
8 リソースの終了ステータスをチェックする
  •  リソースの終了ステータスをチェックしない場合
    • CreateImage API リクエストの正否がジョブの実行結果正否となります
  •  リソースの終了ステータスをチェックする場合
    • Create Image API リクエストが成功且つ、作成した AMI のステータスが available になった場合、ジョブが成功したと判断されます
    • Create Image API リクエストが成功且つ、作成した AMI のステータスが available 以外( failed 等)になった場合、ジョブが失敗したと判断されます
9  AMI ステータス Failed 時にイメージを再作成する
  •  リソースの終了ステータスをチェックした結果、AMI のステータスが failed となった場合に再作成する場合に選択します

設定例

Cloud Automator で「EC2: AMIを作成」アクションを使ったジョブを作成します。

  1. Cloud Automatorの運用ジョブ画面から「ジョブの追加」ボタンをクリックします
  2. グループ選択で、ジョブを追加するグループを選択します
  3. トリガーの選択で、任意のトリガーを選択下さい(例: 即時実行 トリガー)
  4. アクションの選択で「EC2: AMIを作成」アクションを選択します
  5. AWS アカウントの選択で、任意の AWS アカウントを選択します
  6. アクションのパラメーターを設定します
    リージョン アジアパシフィック (東京)
    特定タグが付いたインスタンス key: environment
    value: production
    AMI名 production-backup
    説明 %Y%m%d%H%M
    作成する世代 5
    インスタンスの再起動 しない
    作成したイメージに追加するタグ key: environment
    value: production
    スナップショットに同じタグを追加する チェック
    リソースの終了ステータスをチェックする チェック
    AMIステータスFailed時にイメージを再作成する チェック

    _____.png
  7. 成功時、失敗時の後処理を設定します
  8. ジョブ名を入力し、「作成する」をクリックします

動作確認

  1. 作成したジョブのログボタンをクリックします
  2. 実行ログ一覧から該当の実行ログの詳細をクリックします
  3. ログの詳細にて結果を確認します
    「成功」となっていれば該当のジョブが実行されて成功していることが確認できます。
    「実行中」となっている場合はジョブの実行中なのでしばらく経ってから確認してください。
  4. それぞれのリソースの操作結果は「詳細表示」をクリックすることで確認することができます

 

ログのステータス条件

実行結果

ステータス 説明
成功 以下のいずれかの場合に成功となります。
  • リソースの終了ステータスをチェックする場合
    • CreateImage API リクエストが成功且つ、作成した AMI のステータスが available になった場合
  • リソースの終了ステータスをチェックしない場合
    • CreateImage API リクエストが成功した場合
失敗 以下のいずれかの場合に成功となります。
  • リソースの終了ステータスをチェックする場合
    • ジョブで指定された EC2 インスタンスが存在しない場合
    • ジョブで指定された EC2 インスタンスが 200 を超える場合
    • Create Image APIリクエストが失敗した場合、または作成した AMI のステータスが available 以外( failed 等)になった場合
  • リソースの終了ステータスをチェックしない場合
    • ジョブで指定された EC2 インスタンスが存在しない場合
    • ジョブで指定された EC2 インスタンスが 200 を超える場合
    • CreateImage API リクエストが失敗した場合

 

リソース操作履歴のステータス条件

作成した AMI ごとに、操作ステータスが表示されます。

ステータス 説明
completed

以下のいずれかの場合に failed となります。

  •  リソースの終了ステータスをチェックする場合
    • CreateImage API リクエストが成功且つ、作成した AMI のステータスが available になった場合
  • リソースの終了ステータスをチェックしない場合
    • CreateImage API リクエストが成功した場合
failed 以下のいずれかの場合にfailedとなります。
    • リソースの終了ステータスをチェックする場合
      • CreateImage API リクエストが失敗した場合、または作成した AMI のステータスが available 以外( failed 等)になった場合
    •  リソースの終了ステータスをチェックしない場合
      • CreateImage APIリ クエストが失敗した場合



以上で「EC2: AMIを作成」アクションを使ったジョブの動作確認が出来ました。「EC2: AMIを作成」アクションは EC2 インスタンスのバックアップをするために非常に多くのお客様にご利用頂いております。是非ご活用下さい。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください