アクションのパラメーター指定方法について

ジョブのアクションパラメーターを指定する方法として「ジョブの作成時にアクションパラメーターを指定する」方法と「ジョブの実行時にアクションパラメーターを指定する」方法の2種類あります。

例えば、HTTP トリガー経由でジョブを実行するたびに「異なるインスタンス ID の EC2 インスタンスを処理対象にしたい」ような時には、指定方法として「ジョブ実行時にアクションパラメーターを指定する」を選択することで、これを実現できます。

そのような必要がない場合は、「ジョブ作成時にアクションパラメーターを指定する」を選択してください(デフォルトではこちらが選択されています)。

アクションパラメーターの指定方法

指定方法

説明

対応しているトリガー

ジョブ作成時にアクションパラメーターを指定する ジョブを作成する際に、ジョブの作成フォームでアクションのパラメーターを指定します

タイマートリガー
SQS トリガー
即時実行トリガー
HTTP トリガー
SNS トリガー

ジョブ実行時にアクションパラメーターを指定する ジョブを実行する際に、アクションパラメーターを指定します HTTP トリガー

「ジョブの作成時にアクションパラメーターを指定する」に対応しているアクション

現在は全てのアクションが「ジョブの作成時にアクションパラメーターを指定する」に対応しています。

「ジョブの実行時にアクションパラメーターを指定する」に対応しているアクション

現在は以下のアクションが「ジョブの実行時にアクションパラメーターを指定する」に対応しています。
アクション毎に指定可能なパラメーターについては 実行時アクションパラメーターとは をご確認ください。

リソース

アクション

説明

EC2 EC2: インスタンスを起動

停止中の EC2 インスタンスを起動できます

EC2: インスタンスを停止 起動中の EC2 インスタンスを停止できます

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください