HTTPトリガー

概要

HTTPトリガーとは、Cloud Automator が指定する URL に HTTP の POST リクエストを送信することで、運用ジョブを実行させるものです。簡単にジョブを起動することが可能な点が特徴です。
HTTPトリガーはジョブ作成時に条件を指定する必要はありません。HTTPトリガーを使ったジョブを作成後、ジョブの詳細画面にアクセスすると URLとアクセストークン が発行されています。

指定されたURLへ Authorization ヘッダにアクセストークンをつけてPOSTリクエストを送信すると、ジョブが実行されます。実行サンプルにあるように curl コマンドなどから HTTP の POST リクエストを送信出来ますので、SQSトリガーと同様に 外部システムとの連携 などでご利用ください。

 

設定例

ここでは、テスト環境のEC2インスタンスを起動させる運用ジョブを、HTTPトリガーを使って登録する例を示します。

  1. 「ジョブの追加」メニューから、ジョブの追加画面を開きます。
  2. STEP1のトリガーの選択で「HTTPトリガー」を選択します。
  3. 実行するアクション、AWSアカウント等を入力してジョブを作成します。

    http_trigger1.png

  4. 作成が完了したら、作成した運用ジョブの詳細画面を開きます

    http_trigger3.png

  5. HTTPリクエストに必要な情報が表示されていることが確認できます。

    http_trigger2.png

動作確認

  1. 運用ジョブの詳細画面にアクセスします

    http_trigger3.png

  2. curlコマンドでの実行サンプルが表示されているので、これをコピーして実行してみます。

    http_trigger7.png

    $ curl https://manager.cloudautomator.com/trigger/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx \
    >   -X POST \
    >   -H "Authorization: CAAuth xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx" \
    >   -H "Content-Length: 0"
    {"result":"ok"}

     

  3. ジョブの実行ログを確認します

    http_trigger4.png

  4. ログのステータスを確認します

    http_trigger5.png

注意事項

URL, アクセストークン を、他者に知られてしまうとジョブを実行される恐れがあります。取り扱いには十分に注意ください。
もし、他者に知られてしまった可能性がある場合は、運用ジョブ詳細画面の URLとトークンの更新 ボタンから、URLとアクセストークンを別の値に変更することが可能です。

http_trigger6.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください