トリガーとは

ジョブ自動化におけるトリガーとは、運用ジョブの実行タイミングを指定する設定項目です。

ジョブ作成時に、Cloud Automatorで用意している以下のトリガーの中から、運用したい内容にマッチしたものをご選択いただけます(トリガーによっては、選択後に関連する情報の入力が必要となるものがございます)。

トリガー名 説明
即時実行トリガー ジョブを作成した直後に実行されます
タイマートリガー お客様が指定した時間にジョブが実行されます。条件として、時間とサイクル(一度だけ、毎週、毎月のうちいずれか)を設定します
HTTPトリガー Cloud Automatorが指定するURLにHTTPのPOSTリクエストを送信すると、ジョブが実行されます
SQSトリガー 指定されたSQSキューにメッセージが存在する場合、それをキーとしてジョブを実行することができます
SNSトリガー CloudWatchで設定した閾値に達した時など、様々なAWSのサービスと連動して運用ジョブを実行することができます
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください