RDS: DBスナップショットを作成

概要

「RDS: DBスナップショットを作成」アクションでは、Amazon RDS DB インスタンス(以下DB インスタンス)からDB スナップショットを作成することが出来ます。
Amazon RDSはDB インスタンスのストレージボリュームのスナップショットを作成し、個々のデータベースだけではなく、その DB インスタンス全体をバックアップします。DB インスタンスの名前またはDB インスタンスに付与されているタグでDB スナップショットの作成元となる DB インスタンスを指定することができます。
RDSのDB インスタンスは、バックアップウィンドウで指定した時間に自動的にDB スナップショットが作成されますが、自動取得されたDB スナップショットはDB インスタンスを削除すると消えてしまいます。万が一のためにCloud Automatorでのバックアップもご活用下さい。

設定時のオプション

No オプション 説明
1 リージョン DB スナップショットを取得する対象のDB インスタンスが存在するリージョンを指定します
2 RDSインスタンス DB インスタンスを名前で指定します
特定のタグが付いたRDSインスタンス DB インスタンスをタグで指定します
3 RDSスナップショット名 作成するDB スナップショットにつける名前を指定します。指定した名前の末尾に作成元のDB インスタンス名、ジョブID、世代番号が付与されます。
例)production-backup-dbname-1234-1
4 作成する世代数  作成したDB スナップショットを世代管理する場合の世代数を選択します。
Cloud Automatorによって作成されたDB スナップショットが既に 5 個存在する状態で「作成する世代数」オプションが 5 だった場合に「RDS: DBスナップショットを作成」アクションがさらに実行された場合、一番古いDB スナップショットが削除されて新しいDB スナップショットが作成されます。
5 リソースの終了ステータスをチェックする する場合、CreateDBSnapshot APIリクエストが成功且つ、作成したDBスナップショットのステータスが利用可能になった場合、ジョブが成功したと判断されます。作成したDBスナップショットのステータスが利用可能以外(失敗等)になった場合、ジョブが失敗したと判断されます
しない場合、CreateDBSnapshot APIリクエストの正否がジョブの実行結果正否となります


ログのステータス条件

No ステータス  説明
 1  成功 リソースの終了ステータスをチェックしない場合、CreateDBSnapshot APIリクエストが成功した場合に成功となります。
リソースの終了ステータスをチェックする場合、CreateDBSnapshot APIリクエストが成功且つ、作成したDB スナップショットのステータスが利用可能になった場合に成功となります。
 2  失敗 リソースの終了ステータスをチェックしない場合、以下のいずれかで失敗となります。
  • ジョブで指定されたDB インスタンスが存在しない場合
  • CreateDBSnapshot APIリクエストが失敗した場合
リソースの終了ステータスをチェックする場合、以下のいずれかで失敗となります。
  • ジョブで指定されたDB インスタンスが存在しない場合
  • CreateDBSnapsthot APIリクエストが失敗した場合、または作成したDBスナップショットのステータスが利用可能以外(失敗等)になった場合


リソース操作履歴のステータス条件

No ステータス  説明
 1  Completed リソースの終了ステータスをチェックしない場合、CreateDBSnapshot APIリクエストが成功した場合にCompletedとなります。
リソースの終了ステータスをチェックする場合、CreateDBSnapshot APIリクエストが成功且つ、作成したDB スナップショットのステータスが利用可能になった場合にCompletedとなります。
 2  Failed リソースの終了ステータスをチェックしない場合、CreateDBSnapshot APIリクエストが失敗した場合にFailedとなります。
リソースの終了ステータスをチェックする場合、CreateDBSnapshot APIリクエストが失敗するか作成したDB スナップショットのステータスが利用可能以外(失敗等)になったときにFailedとなります。

設定例

Cloud Automatorで「RDS: DBスナップショットを作成」アクションを使ったジョブを作成します。

  1. Cloud Automatorの運用ジョブ画面から「ジョブの追加」ボタンをクリックします。
    create_db_snapshot01.png

  2. トリガーの選択で、任意のトリガーを選択下さい(例: 即時実行 トリガー)。
    create_db_snapshot02.png

  3. アクションの選択で「RDS: DBスナップショットを作成」アクションを選択します。
    create_db_snapshot00.png

  4. AWS アカウントの選択で、任意の AWS アカウントを選択します。
    create_db_snapshot03.png

  5. アクションのパラメーターを設定します。

    No オプション  設定値
    1 リージョン ap-northeast-1
    key environment 
    value production 
    3 RDSスナップショット名 production-db-backup
    4 作成する世代数 
    5 リソースの終了ステータスチェック  する 

    create_db_snapshot04.png
  6. 成功時、失敗時の後処理を設定します。
    create_db_snapshot05.png

  7. ジョブ名を入力し、「作成する」をクリックします。
    create_db_snapshot06.png

動作確認

  1. 作成したジョブのログボタンをクリックします。
    create_db_snapshot07.png

  2. 実行ログ一覧から該当の実行ログの詳細をクリックします。
    create_db_snapshot08.png

  3. ログの詳細にて結果を確認します。「成功」となっていれば該当のジョブが実行されて成功していることが確認できます。「実行中」となっている場合はジョブの実行中なのでしばらく経ってから確認してください。
    create_db_snapshot09.png

  4. それぞれのリソースの操作結果は「アクティビティ履歴」項目で確認することができます。
    create_db_snapshot10.png

以上で「RDS: DBスナップショットを作成」アクションを使ったジョブの動作確認が出来ました。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください