EC2: インスタンスタイプを変更

概要

「EC2: インスタンスタイプを変更」アクションでは、停止しているAmazon EC2 インスタンスのインスタンスタイプを変更することが出来ます。
インスタンスの名前、またはインスタンスに付与されているタグの指定で、インスタンスタイプの変更ができます。

 

設定時のオプション

No オプション 説明
1 リージョン 変更したいインスタンスが存在するリージョンを指定します。
2 インスタンス インスタンスの名前を指定します。
「Can't find any instances in this region or aws account」と表示される場合はAWSアカウントやリージョンの選択が正しいかご確認下さい。
特定のタグが付いたインスタンス key と value を入力して、対象のインスタンスをタグで指定します。指定されたリージョン内で、入力された key と value に一致するタグがついたすべてのインスタンスが対象となります。
3 インスタンスタイプ 変更後のインスタンスタイプを指定します。

 

設定例

ここでは、ジョブ作成後に即時実行される「即時実行トリガー」を使って、EC2 インスタンスのインスタンスタイプを変更する運用ジョブを登録する例を示します。

Note:
このアクションを実行するには、対象のインスタンスが stopped になっていることが前提条件のため、あらかじめインスタンスを停止した状態でお試しください。
※当アクションの 成功/失敗 条件等の詳細はこちらをご参照ください。
  1. 「ジョブの追加」メニューから、ジョブの追加画面を開きます。
  2. ジョブを所属させたいグループを選択します。
  3. トリガーは「即時実行トリガー」を選択します。
  4. アクションは「EC2: インスタンスタイプを変更」を選択します。
  5. 変更したい EC2 インスタンスの情報と、変更後のインスタンスタイプを入力してジョブを作成します。

    instance_type_change.png

動作確認

  1. ジョブの実行ログで、ステータスが「成功」になっていることを確認します
  2. マネージメントコンソールで、インスタンスタイプが変更されていることを確認します

 

ログのステータス

実行結果

No ステータス 説明
1 成功 以下のいずれかの場合に成功となります。
  • インスタンスタイプの変更に成功したとき
  • インスタンスタイプが既に指定のインスタンスタイプと同じであったため、変更せず終了したとき
2 失敗 以下のいずれかの場合に失敗となります。
  • 対象のインスタンスが停止していない
  • インスタンスの仮想化タイプが指定のインスタンスタイプをサポートしていない

 

リソース操作結果

No ステータス 説明
1 completed インスタンスタイプの変更に成功したとき
2 skipped インスタンスタイプが既に指定と同じであったため、変更をスキップしたとき
3 failed ユーザーの設定不備などに起因して、インスタンスタイプの変更に失敗したとき
4 aborted 本システムの不具合に起因して、インスタンスタイプの変更に失敗したとき
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください