Redshift: スナップショットからリストア

このアクションを選択すると指定したAmazon Redshift スナップショット(以下スナップショット)からAmazon Redshift クラスター(以下クラスター)をリストアすることができます。
Amazon Redshifについてはこちらをご覧下さい。

設定時のオプション

No オプション 説明
1 リージョン リストアするスナップショットが存在するリージョンを指定します。
2 スナップショットID リストア元となるスナップショットをIDで指定します。
「Can't find any cluster snapshots in this region or aws account.」と表示される場合はAWSアカウントやリージョンの選択が正しいかご確認下さい。
3 クラスターID リストアしたクラスターにつけるIDを指定します
4 ポート リストアしたクラスターが接続を受け付けるポート番号を指定します。
5 自動アップグレードを許可する 許可する場合、リストアしたクラスターにおいてメジャーバージョンの自動アップグレードが有効となります
 許可しない場合、リストアしたクラスターにおいてメジャーバージョンの自動アップグレードが無効となります
6 クラスターサブネットグループ名 リストアするクラスターに割り当てるクラスターサブネットグループを選択します
7 パブリックアクセス可否 許可する場合、リストアするクラスターへインターネットからアクセスできます
許可しない場合、リストアするクラスターへインターネットからアクセスできません
8 アベイラビリティゾーン クラスターをリストアするアベイラビリティゾーンを選択します。
9 クラスターパラメーターグループ名 リストアするクラスターに割り当てるクラスターパラメーターグループを選択します。
10 VPCセキュリティグループID クラスターに設定するVPC セキュリティグループのIDを選択します
11 リソースの終了ステータスをチェックする する場合、RestoreFromClusterSnapshot APIModifyCluster APIRebootCluster APIなどのAPIが成功し、クラスターが利用可能となるとジョブが成功となります。
しない場合、RestoreFromClusterSnapshot APIやModifyCluster API、RebootCluster APIなどの実行正否がジョブの実行正否になります。
12  使用したスナップショットの削除 する場合、リストアに使用したスナップショットは削除されます。
しない場合、リストアに使用したスナップショットを残します。

ログのステータス条件

No ステータス 説明
1 成功 リソースの終了ステータスをチェックする場合、RestoreFromClusterSnapshot APIやModifyCluster API、RebootCluster APIなどのAPIが成功し、クラスターが利用可能となった場合に成功となります。
リソースの終了ステータスをしない場合、RestoreFromClusterSnapshot APIやModifyCluster API、RebootCluster APIなどの実行が成功すると成功となります。
2 失敗 リソースの終了ステータスをチェックする場合、以下の場合に失敗となります。
  • ジョブで指定されたスナップショットが存在しない場合
  • RestoreFromClusterSnapshot APIやModifyCluster API、RebootCluster APIの実行に失敗した場合
  • 対象のクラスターが利用可能以外の状態になった場合
リソースの終了ステータスをチェックしない場合、以下の場合に失敗となります。
  • ジョブで指定されたスナップショットが存在しない場合
  • RestoreFromClusterSnapshot APIやModifyCluster API、RebootCluster APIの実行に失敗した場合

リソース操作履歴のステータス条件

No ステータス 説明
1 Completed リソースの終了ステータスをチェックする場合、RestoreFromClusterSnapshot APIやModifyCluster API、RebootCluster APIなどのAPIが成功し、クラスターが利用可能となった場合にCompletedとなります。
リソースの終了ステータスをチェックしない場合、RestoreFromClusterSnapshot APIやModifyCluster API、RebootCluster APIなどの実行が成功するとCompletedとなります。
2 Failed リソースの終了ステータスをチェックする場合、以下の場合にFailedとなります。
  • RestoreFromClusterSnapshot APIやModifyCluster API、RebootCluster APIの実行に失敗した場合
  • 対象のクラスターが利用可能以外の状態になった場合
リソースの終了ステータスをチェックしない場合、以下の場合にFailedとなります。
  • RestoreFromClusterSnapshot APIやModifyCluster API、RebootCluster APIの実行に失敗した場合

設定例

  1. Cloud Automatorで「Redshift: スナップショットからリストア」アクションを使ったジョブを作成します。
    restore_cluster01.png

  2. トリガーの選択で、任意のトリガーを選択下さい(例: 即時実行 トリガー)。
    restore_cluster02.png

  3. アクションの選択で「Redshift: スナップショットからリストア」アクションを選択します。
    restore_cluster03.png

  4. AWS アカウントの選択で、任意の AWS アカウントを選択します。
    restore_cluster04.png

  5. アクションのパラメーターを設定します。

    No オプション 設定値
    1 リージョン アジアパシフィック(東京)
    2 スナップショットID cloudautomator-final-snapshot
    3 クラスターID develop-cluster
    4 ポート 5439
    5 自動アップグレードを許可する する
    6 クラスターサブネットグループ名 defalut
    7 パブリックアクセス可否 しない
    8 アベイラビリティゾーン ap-northeast-1a
    9 クラスターパラメーターグループ名 default.redshift-1.0
    10 VPCセキュリティグループID sg-xxxxxxxx(default)
    11 リソースの終了ステータスをチェックする する
    12 使用したスナップショットの削除 しない

    restore_cluster05.png
  6. 成功時、失敗時の後処理を設定します。
    restore_cluster06.png

  7. ジョブ名を入力し、「作成する」をクリックします。
    restore_cluster07.png

動作確認

  1. 作成したジョブのログボタンをクリックします。
    restore_cluster08.png

  2. 実行ログ一覧から該当の実行ログの詳細をクリックします。
    restore_cluster09.png

  3. ログの詳細にて結果を確認します。「成功」となっていれば該当のジョブが実行されて成功していることが確認できます。「実行中」となっている場合はジョブの実行中なのでしばらく経ってから確認してください。
    restore_cluster10.png

  4. それぞれのリソースの操作結果は「アクティビティ履歴」項目で確認することができます。
    restore_cluster11.png

以上で「Redshift: スナップショットからリストア」アクションを使ったジョブの動作確認が出来ました。 是非ご活用下さい。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください