Route53: リソースレコードセットを更新

概要

「Route53: リソースレコードセットを更新」アクションでは、Amazon Route 53 (以下、Route53) で作成された ホストゾーンレコード を更新することができます。

ホストゾーンのレコードを自動更新することで、設定変更時のオペレーションミス軽減にもつながります。

設定時のオプション

No. オプション 説明
1 ホステッドゾーン 更新対象のレコードが登録されているホストゾーンを選択します
2 レコードセット: タイプ

レコードタイプ を選択します

※ Aレコード と CNAME レコードのみをサポートしています

3 レコードセット: 名前

更新対象のレコードを選択します

※ シンプルルーティングポリシー が設定されたレコードのみをサポートしています

4 レコードセット: 値 レコードの値を指定します

ログのステータス条件

No. ステータス 説明
1 成功 対象のレコード更新に成功した場合
2 失敗

以下のいずれかの場合に失敗となります。

  • 対象のホストゾーンが存在しない場合
  • 対象のレコードが存在しない場合
  • 対象のレコードが Aレコード、CNAMEレコード以外の場合
  • 対象のレコードがシンプルルーティングポリシー以外の場合

リソース操作履歴のステータス条件

No. ステータス 説明
1 Completed 対象のレコード更新に成功した場合
2 Failed

以下のいずれかの場合に Failed となります。

  • 対象のホストゾーンが存在しない場合
  • 対象のレコードが存在しない場合
  • 対象のレコードのレコードタイプが Aレコード、CNAMEレコード以外の場合
  • 対象のレコードがシンプルルーティングポリシー以外の場合

設定例

「Route53: リソースレコードセットを更新」アクションを使ったジョブを作成してみます。

  1. Cloud Automatorの運用ジョブ画面から「ジョブの追加」ボタンをクリックします。

    01-iam-add-policy.png

  2. 運用したいジョブに合わせて トリガー を選択して「次へ」ボタンをクリックしてください。今回は動作を確認するため、すぐに実行される 即時実行トリガー を選択しています。

    02-iam-add-policy.png

  3. アクションの選択では「Route53: リソースレコードセットを更新」を選択して「次へ」ボタンをクリックしてください。

    __________2018-03-06_15_11_18.png

  4. 利用するAWSアカウントを選択して「次へ」ボタンをクリックしてください。

    04-iam-add-policy.png

  5. アクションのパラメーターを設定して「次へ」ボタンをクリックしてください。各オプション項目については、本ページ上部の設定時のオプション説明を参照ください。

    __________2018-03-06_15_13_20.png

  6. 必要に応じて後処理を選択して「次へ」ボタンをクリックしてください。

    06-iam-add-policy.png

  7. 最後にジョブ名を入力して「作成する」ボタンをクリックすればジョブが作成されます。

    __________2018-03-06_15_15_56.png

動作確認

作成したジョブの確認を行います。

  1. 作成したジョブのログボタンをクリックします。

    __________2018-03-06_15_17_47.png

  2. 実行ログ一覧から該当の実行ログの詳細をクリックします。

    __________2018-03-06_15_18_28.png

  3. ログの詳細にて結果を確認します。「成功」となっていれば該当のジョブが実行されて成功していることが確認できます。「実行中」となっている場合はジョブの実行中なのでしばらく経ってから確認してください。

    __________2018-03-06_15_19_00.png

  4. リソースの操作結果は「アクティビティ履歴」項目で確認できます。

    __________2018-03-06_15_19_38.png

以上で「Route53: リソースレコードセットを更新」アクションを使ったジョブの動作確認ができました。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください