WorkSpaces: WorkSpaceを起動

概要

「WorkSpaces: WorkSpaceを起動」アクションでは、停止した状態のAmazon WorkSpaces(以下WorkSpace)を起動できます。
WorkSpace に付与されているタグで、起動する対象の WorkSpace を指定することができます。

設定時のオプション 

No オプション 説明
1 リージョン 起動する対象の WorksSpace が存在するリージョンを指定します
2 対象となるワークスペースのタグ

起動する対象の WorkSpace をタグで指定します

実行モードが 自動停止(AutoStop)の WorkSpace のみが対象になります

設定例

Cloud Automatorで「WorkSpaces: WorkSpaceを起動」アクションを使った運用ジョブを作成します。

  1. Cloud Automatorの運用ジョブ画面から「ジョブの追加」ボタンをクリックします
  2. グループ選択で、ジョブを追加するグループを選択します
  3. トリガーの選択で、任意のトリガーを選択下さい(例: 即時実行 トリガー)
  4. アクションの選択で「WorkSpaces: WorkSpaceを起動」アクションを選択します
  5. AWS アカウントの選択で、任意の AWS アカウントを選択します
  6. アクションのパラメーターを設定します

    リージョン アジアパシフィック (東京)
    対象となるワークスペースのタグ key: environment
    value: production
    __________2020-05-12_14.54.27.png
  7. 成功時、失敗時の後処理を設定します
  8. ジョブ名を入力し、「作成する」をクリックします

動作確認

  1. 作成したジョブのログボタンをクリックします
  2. 実行ログ一覧から該当の実行ログの詳細をクリックします
  3. ログの詳細にて結果を確認します
    「成功」となっていれば該当のジョブが実行されて成功していることが確認できます。
    「実行中」となっている場合はジョブの実行中なのでしばらく経ってから確認してください。
  4. それぞれのリソースの操作結果は「詳細表示」をクリックすることで確認することができます

ログのステータス条件

ステータス 説明
成功 以下の場合に成功となります
  • StartWorkSpaces API リクエストが成功且つ、起動した WorkSpaces のステータスが AVAILABLE になった場合
失敗 以下のいずれかの場合に成功となります。
  • ジョブで指定された WorkSpace が存在しない場合
  • ジョブで指定された WorkSpace が100を超える場合
  • StartWorkSpaces APIリクエストが失敗した場合、または起動した WorkSpace のステータスが AVAILABLE 以外( UNHEALTHY 等)になった場合

リソース操作履歴のステータス条件

作成した WorkSpace ごとに、操作ステータスが表示されます。

ステータス 説明
completed

以下の場合に completed となります。

  • StartWorkSpaces API リクエストが成功かつ、起動した WorkSpaces のステータスが AVAILABLE になった場合
skipped

以下の場合に skipped となります。

  • 対象の WorkSpaces のステータスがジョブ開始時点ですでに AVAILABLE だった場合
failed 以下の場合に failed となります。
  • ジョブ開始時点で WorkSpaces のステータスが STOPPED 以外の場合
  • StartWorkSpaces API リクエストが失敗した場合
  • 起動した WorkSpaces のステータスが AVAILABLE 以外( UNHEALTHY 等)になった場合


以上で「WorkSpaces: WorkSpaceを起動」アクションを使ったジョブの動作確認が出来ました。
是非ご活用下さい。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。