ELB(ALB/NLB): ターゲットグループにEC2インスタンスを登録解除

概要

「ELB(ALB/NLB): ターゲットグループにEC2インスタンスを登録解除」アクションでは、ターゲットグループにEC2インスタンスを登録解除できます。

 ※「ELB(ALB/NLB): ターゲットグループにEC2インスタンスを登録」アクションのマニュアルはこちらです

設定時のオプション

No. オプション 説明
1 リージョン 本アクションの対象とするターゲットグループのあるリージョンを選択します。
2 特定のタグがついたインスタンス key と value を入力して、起動するEC2 インスタンスをタグで指定します。
指定されたリージョン内で、入力された key と value に一致するタグがついたすべてのEC2 インスタンスが対象となります。

ログのステータス条件

No. ステータス 説明
1 成功

以下の条件で成功となります。

    • 登録解除対象のすべてのEC2インスタンスのステータスがunusedとなること
2 失敗

以下の条件で失敗となります。

    • 登録解除対象のいずれかのEC2インスタンスのステータスがunused以外となること

設定例

  1. Cloud Automatorの運用ジョブ画面から「ジョブの追加」ボタンをクリックします。
    job_add_button.png
  2. グループの選択で、ジョブを所属させたいグループを選択します。
  3. トリガーの選択で、任意のトリガーを選択下さい(例: 即時実行 トリガー)。
  4. アクションの選択で「ELB(ALB/NLB): ターゲットグループにEC2インスタンスを登録解除」アクションを選択します。
  5. AWS アカウントの選択で、任意の AWS アカウントを選択します。
  6. アクションのパラメーターを設定します。
    No. オプション 設定値の例
    1 リージョン アジアパシフィック (東京)
    2 ターゲットグループ swx-target-group
    3 key dev
    value prod-01
    ScreenClip.png
  7. 成功時、失敗時の後処理を設定します。
  8. ジョブ名を入力し、「作成する」をクリックします。

動作確認

Cloud Automatorのコンソール画面での動作確認

  1. 実行ログ一覧から該当の実行ログの詳細をクリックします。
  2. ログの詳細にて結果を確認します。「成功」となっていれば該当のジョブが実行されて成功していることが確認できます。「実行中」となっている場合はジョブの実行中なのでしばらく経ってから確認してください。
    joblog_windows_update_success.png
  3. それぞれのリソースの操作結果は「AWSリソース操作結果」項目で確認することができます。
    joblog_windows_update_resources.png

このアクションで利用されるAWS API

当アクションの実行には以下のAWS APIを利用しています。
実行するAWSアカウントにはこれらのAPIを実行可能なIAMポリシーがアタッチされている必要があります。

注意事項

  • 本アクションはデフォルトで「リソースの終了ステータスチェック」相当の処理が有効となります。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください