登録メールアドレスとその利用用途

pieCeおよび課金代行サービスではご担当者様の情報を事前に登録いただき、そのご担当者様にのみサポート窓口を提供しています。ご担当者様の追加、更新は随時サポート窓口で承っております。

pieCeおよび課金代行サービスのご契約単位はAWSアカウントです。そのAWSアカウントごとにご担当者様をzendeskにて管理いたします。

通常の登録

お客様からのお問い合わせ・ご依頼

お客様リストにある方を該当AWSアカウントの担当者として、サービスを提供します。登録がない方からのサービス依頼は受け付けていませんので、あらかじめ、ご理解ください。

ご依頼はメールもしくはzendeskから受け付けます。

メールでのご依頼はFROMアドレスがご登録されているかを確認しています。そのため、複数のメールアドレスからご依頼いただく可能性がある場合には同一人物であっても複数のメールアドレスをご登録いただいています。

zendeskはログインしご依頼いただくチケット管理システムです。ご登録ある方のみを対象AWSアカウントの担当として登録します。

 

弊社からの連絡

ご依頼の返答の他に、各種イベントなどのご案内をお送りさせていただく可能性があります。各種イベントなどのご案内を送って欲しくない場合にはサポート窓口に、その旨、ご連絡ください。

 

緊急連絡先としての登録

お客様からのお問い合わせ・ご依頼

通常の登録と同様に登録いたしますので、緊急連絡先に設定されたメールアドレスからのご依頼も可能です。zendeskも同様に登録しています。

 

弊社からの連絡

AWSからのメンテナンス・リタイア、各種イベント、サービスリリースなどの通知のうち、AWS利用に大きな影響があると判断したメンテナンス・リタイア、サービス変更の通知を展開します。

また、弊社がお客様に該当サービス、サポート窓口を提供する上で影響があるご案内をお送りします。

通常登録アドレスにお送りしている各種イベントなどのご案内はお送りしません。

 

FAQ

Q:緊急連絡先でAWSからのメンテナンス・リタイアおよびAWS利用に大きな影響のある通知以外を受け取りたくありません。

A:
大変申し訳ございませんが、そのようなご要望はお受けしておりません。

弊社がお客様にpieCeもしくは課金代行サービスを提供する上で影響があるご案内とを分けて配信は弊社の管理システム上実装できていないため、お断りさせていただいています。

 

Q:「弊社がお客様に該当サービス、サポート窓口を提供する上で影響があるご案内」とは具体的にどのようなご案内でしょうか。

A:
過去の具体的な例をあげさせていただきます。

  • サポート窓口の変更連絡
  • サポート窓口へのお問い合わせ方法変更の連絡
  • AWS利用料不払いによるサービス停止の事前告知
  • AWS利用料不払いによるサービス停止告知
  • 請求ご担当者と連絡が不通となった場合

今後、上記以外でも不測の事態で利用する可能性がありますこと、ご理解、ご了承ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください